【腰痛】と右脚の【痺れ】|本当の腰痛の原因を探す整体院

本日は症例のお話です


以前から腰痛を患ってらっしゃる60代男性の方。

先日ゴルフでかなり歩かれたそうで、腰痛の悪化と右ふくらはぎの痺れを訴えてました。


歩くと、右足を着くたびに腰に痛みが…

仰向けで寝ていても腰の痛みが気になるとのこと


普通ならば、

「腰からの坐骨神経痛でしょう!腰をよく診ておきますね!」となるのかも知れません


が、私が気になったのは、

《右足の開き》です。

この方は歩行時、爪先が大きく外を向いてらっしゃるんですね、特に右側が強く。


このような歩き方になっている人は、

外側ハムストリング(大腿二頭筋)が過緊張を起こしているケースが多いです。

※画像の青い筋肉


この筋肉は硬くなると、骨盤を〈後傾〉させ、骨盤が後ろに傾いた状態になります。

それが過度になれば、逆に〈前傾〉させようとする筋肉と“綱引き状態”になり、腰の動きに制限が出たり、痛みが出たりします。


また、こちらの画像を見て頂くと分かるのですが…

黄色の〈神経〉が、外側ハムストリングのすぐ後ろから出てきているのが分かると思います。

この神経は、ふくらはぎ、そしてその外側を支配している神経なので

その場所で、”硬くなった外側ハムストリングによる圧迫が生じる”と、ふくらはぎから下に痺れなどの神経症状が現れる事があるのです。

実際こちらの患者さんは、この外側ハムストリング

もう一つの筋肉を筋膜リリースする事で歩行時や仰向け時の腰痛、それから右ふくらはぎの痺れが改善しました


腰痛や脚の痺れがあると

病院で傷病名が付いたりして、それでなんだか

【治らないような気がしてしまう】ものです…


全然そんなことはありません。

椎間板ヘルニアや腰椎滑り症など傷病名が付いた人でも、改善してる方が沢山いらっしゃいます。


ただ闇雲に腰を揉む、そんな施術は一切しません

原因を探し、的確に突きます

マッサージを受けたいわけじゃなく、痛みや痺れを改善したい方は

是非一度お電話下さい^ ^


本日は症例のお話です


以前から腰痛を患ってらっしゃる60代男性の方。

先日ゴルフでかなり歩かれたそうで、腰痛の悪化と右ふくらはぎの痺れを訴えてました。


歩くと、右足を着くたびに腰に痛みが…

仰向けで寝ていても腰の痛みが気になるとのこと


普通ならば、

「腰からの坐骨神経痛でしょう!腰をよく診ておきますね!」となるのかも知れません


が、私が気になったのは、

《右足の開き》です。

この方は歩行時、爪先が大きく外を向いてらっしゃるんですね、特に右側が強く。


このような歩き方になっている人は、

外側ハムストリング(大腿二頭筋)が過緊張を起こしているケースが多いです。

※画像の青い筋肉


この筋肉は硬くなると、骨盤を〈後傾〉させ、骨盤が後ろに傾いた状態になります。

それが過度になれば、逆に〈前傾〉させようとする筋肉と“綱引き状態”になり、腰の動きに制限が出たり、痛みが出たりします。


また、こちらの画像を見て頂くと分かるのですが…

黄色の〈神経〉が、外側ハムストリングのすぐ後ろから出てきているのが分かると思います。

この神経は、ふくらはぎ、そしてその外側を支配している神経なので

その場所で、”硬くなった外側ハムストリングによる圧迫が生じる”と、ふくらはぎから下に痺れなどの神経症状が現れる事があるのです。

実際こちらの患者さんは、この外側ハムストリング

もう一つの筋肉を筋膜リリースする事で歩行時や仰向け時の腰痛、それから右ふくらはぎの痺れが改善しました


腰痛や脚の痺れがあると

病院で傷病名が付いたりして、それでなんだか

【治らないような気がしてしまう】ものです…


全然そんなことはありません。

椎間板ヘルニアや腰椎滑り症など傷病名が付いた人でも、改善してる方が沢山いらっしゃいます。


ただ闇雲に腰を揉む、そんな施術は一切しません

原因を探し、的確に突きます

マッサージを受けたいわけじゃなく、痛みや痺れを改善したい方は

是非一度お電話下さい^ ^