“猫背(巻き肩)“ 
“ストレートネック” 
“肩の高さが違う”
“呼吸が浅い”
“O脚X脚”
“腰が曲がっている”

など多くのお悩みがあると思います。

(骨盤に関しては『骨盤矯正をしない理由』にて詳しく説明していますのでそちらをご覧ください)

Q. ではそういったお悩みにどのようにProStyleではアプローチをしていくか?

ではまず“猫背”(巻き肩)

イメージとして肩や背中が悪く丸まっている。みたいな印象ですよね?
ではなぜ肩や背中が丸まるかというと

・肩甲骨、肩関節、骨盤からの背骨が不安定になっているから。

今のあなたの猫背はなるべきしてなってしまって、
意識して治そうとしても、マッサージで治そうとしても厳しいです。
今のその状態があなたが一番ラクで暮らしやすい状態になっています。

要するに今のその猫背はあなたの“今の状態にとっては“関節が安定している状態です。
(実際は安定していないんですけど…)

だから無理に意識して治そうとしても一瞬で元に戻りますよね。

安定しない理由は = 一部の筋肉が筋力が低下が起きている

ということです。

では何をしなければいけないかというと、
本来の(姿勢が良い状態)位置に関節が安定してとどまっていることが出来たらいいわけです。

ということで、筋肉が低下していることが根本の原因にあるのでその弱っている筋肉に対して“ProStyleTraining”を入れてあげるということです。

次に“ストレートネック”

そもそもあなたストレートネックではありませんよ…ということも多くあります。
どこか他の院へ行き言われたことが「その肩こりや首の痛みの原因はストレートネックだね〜」
と簡単に済まされ、はい終わり。

(首や肩こり=ストレートネックということだけで済まされてしまうことも多いですからね)
(あと血流が悪いからです とか ただ姿勢が悪いからですとか)

じゃあなぜストレートネックになってしまったのか?
だとしたらどのようにストレートネックを解決していけば良いか?
ここまでしっかり説明するのが治療院としての役割ですよね⁉︎

それに最初でも言ったようにそもそもストレートネックではなくて、他からの要因が大きかったとするとあなたは
『私のこの痛みはストレートネックだからもう仕方がないのか…。』と
諦めてしまいますよね?

もしストレートネックだとしたら胸椎(背中)が深く関係します。

さらっと説明しましたが、
要するに、頸椎がストレートになっているのであればその下の胸椎だって何かしらの制限が起きているということです。

では胸椎が制限かかっているのはなぜか?……
とその先その先まで考えて解決していかないと主となってている症状はとれません。

次は“左右で肩の高さが違う”

これは肩だけ捉えてアプローチしても何も変わらないわけで、
足から、手や肘からみて、股関節や骨盤をみたり、胸郭みて、やっとこさ肩に変化が起きてくるわけです。
だから全身から考えていきます。

これをほうっておくと脚や腕への痺れにつながることもあります。

“呼吸が浅い”

これは解決しないととてもまずいです。

というのも多くの症状に関与するのはもちろんですが、
自律神経を乱してしまう要因や、内臓機能にも関与してきます。
ということは不定愁訴にもつながってしまうし、体温調節、代謝機能、イライラする脱力感などの気分的なことにも関与してきてしまいます。

では解決するには?

簡単に動画で説明していますのでご覧ください。
(動画で話していること以外にも呼吸が浅くなる原因はあります)

↓こちらの動画で詳しく説明しています

とにかく姿勢を改善していくには、
『全身からみていく必要がある』
そのためにはちゃんとその人の身体を分析できなければ話にならないということです。

長くなってしまったのでホームページ上の説明はこれで最後にします。

お待ちしております!

プロスタイル