その痛み、股関節が原因ではありません

股関節を開くと痛い、閉じると痛い、曲げると痛い…

要するに動かすと痛い ということですが
これは股関節が痛いわけではなく、股関節の周りの“筋肉“が痛いことが多いわけです。
関節が痛いわけではなく、関節を動かしてくれる筋肉に対してのアプローチが必要になってきます。

そんなことわかっていると思いますが、

ではどこの筋肉“A”が問題なのか?
“A”の筋肉はなぜ痛みに関与するほどまでになってしまったのか?
どこがどうなっているから“A”の原因が作られてしまったのか?
じゃあ“A”が作られる原因を解決するには今後何をしなければいけないか?

1つの症状に対してここまで追求し、
1つの“原因“に対してここまで追求し、
その“原因”が作られるのはなぜか…とその“原因”の“原因”まで追求し、解決に向けて考えます。

症例
これはスポーツをしている人の股関節痛に関した動画ですが、
一般の方の股関節の痛みにも同様の考えです。

↓こちらの動画をご覧下さい

プロスタイル